FC2ブログ

Touch Heart  ~ Tタッチ、アニマルコミュニケーション、フラワーエッセンス、ハーブやヒーリングを取り入れて動物たちと一緒に幸せな毎日を~

季節の変わり目に注意すること

2018 - 02/21 [Wed] - 03:50

アニマルコミュニケーションと
ホリスティックケアで
動物と飼い主さんの共生をサポートする
アニマルケアカウンセラー
高野 縁(たかのゆかり)です。

✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚

寒い時期は『温めて』と、ある意味シンプルに言えました。

この時期は、もう少し複雑。

暖かい日と寒い日が交互に来たり。
昼間暖かいのに、夜ググっと気温が下がったりするから。


季節の変わり目

そして、中に溜められたものが外に出るシーズンです。

人も
自律神経に不調が起きたり
温度調節ができなくてストレスがかかったり
メンタルも落ち着かなくなってきます。

動物も同じです。


ケアの基本は冬と変わりません。

・観察
・マッサージ
・食事

個体の様子を観察して、平常時を把握しておくことで、不調のサインに気が付きやすくなります。
熱くなり過ぎているようであれば、身体を冷やす食材を取り入れてあげるなどの対応もできるでしょう。
逆に冷えがあれば、温めてあげることもできますよね。

お灸が必要そうな場合も、熱が上がり過ぎないように短時間が良いと思います。
前半身は指圧やマッサージでケアしてあげましょう。

マッサージやグルーミング時には、飼い主さんが深い呼吸を心がけながら触ってあげると、動物たちもよりリラックスできますし、ご自身の自律神経も整いますので、おススメですよ。


春一番が吹くなど風が強いのもこの時期の特徴です。
特にシニアや体力が落ちている子は強風でバランスを崩すこともあります。

心配し過ぎず、心積もりをしておく。
不安になり過ぎず、対策をする。

【備えあれば憂いなし】でございます。


Erde1-8---2---



わたしは就職した23歳の時から、自律神経失調症としか病名がつけてもらえない不定愁訴をずっと抱えていました。

この症状が出るのが決まって、春と秋。
3月から5月頃までは、本当にきつくて、這うようにして会社に行っていました。

今は全然ないですが、若くても自律神経乱れると大変よね。って話しの実例です。

治ったのはたぶんハーブとレイキのおかげ。
つまり、犬のおかげですね。

動物のホームケアを知っておくと、人間も健康になりますよ。
本当に無駄がありません。






アニマルケアカウンセラー 高野 縁



■トータルケアカウンセリングのセッションを承っています■
*現在の体調・状態、行動の問題を伺って最適なケア・食事・暮らし方についてアドバイスするコースです。
お申し込み・お問い合わせはPCモードのメールフォームから。



ミ★ランキングに参加しています!ポチっとしていただけると励みになります★彡

にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村






※サービスは全てご予約制です。

✯アニマルコミュニケーション*セッションのお申込みはコチラ

✯アニマルコミュニケーション*レッスンの詳細はコチラ

✯Tタッチセッション、バッチフラワーレメディ、ハーブカウンセリング、ヒーリングセッションについてはメールフォームからお問い合わせください♪✯



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
SNSもやっています☆フォロー歓迎します!

twitter

Facebook

Instagram

ホームページ【アニマルコミュニケーション*Touch Heart】
☆アニマルコミュニケーションについてはコチラ。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 | HOME | 

プロフィール

Yukari Takano

Author:Yukari Takano
【動物と飼い主さんの心と身体をサポートするアニマルケアカウンセラー】高野 縁です。

アニマルコミュニケーションやホリスティックケアを使って、あなたと動物達がハッピーで日々を楽しく元気に過ごせるためのお手伝いをします。

■アニマルコミュニケーター
■テリントンTタッチ認定プラクティショナー
■ドッグフィトセラピスト(植物療法家)
■レイキマスター
■ドッグマッサージセラピスト

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

CalendArchive

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード