FC2ブログ

Touch Heart  ~ Tタッチ、アニマルコミュニケーション、フラワーエッセンス、ハーブやヒーリングを取り入れて動物たちと一緒に幸せな毎日を~

仔犬を迎えたら⑤

2017 - 12/03 [Sun] - 21:34

アニマルコミュニケーションと
ホリスティックケアで
動物と飼い主さんの共生をサポートする
アニマルケアカウンセラー
高野 縁(たかのゆかり)です。

✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚


続きモノになって来ましたので
以前の記事もご参考になさってください。
【仔犬を迎えたら①】・・・心身のニーズを満たす
【仔犬を迎えたら②】・・・友達を探そう
【仔犬を迎えたら③】・・・歯磨きについて
【仔犬を迎えたら④】・・・ご飯の話し


【仔犬を迎えたら③】の歯の話しの続きです。


仔犬の歯は、だいたい生後4~6か月の頃に永久歯に生え変わります。

○乳歯の本数は28本
上あご:切歯(6本)+犬歯(2本)+前臼歯(6本)+後臼歯(0)=14本
下あご:切歯(6本)+犬歯(2本)+前臼歯(6本)+後臼歯(0)=14本

○永久歯は42本
上あご:切歯(6本)+犬歯(2本)+前臼歯(8本)+後臼歯(4本)=20本
下あご:切歯(6本)+犬歯(2本)+前臼歯(8本)+後臼歯(6本)=22本


お迎えのときは乳歯ですので、その後どのように永久歯が生えてくるかは、その時点では分かりません。

生後5か月くらいの時期に一度歯科専門医か歯に詳しい病院で、生え変わりや歯並びについてご相談なさることをおススメします。


永久歯が生えてきているのに乳歯が全く抜ける気配がないとか、乳歯の脇から変な方向へ永久歯が生えてしまうこともあります。

そうなったときに、どのような対応ができるか予め分かっていると安心です。

その時に、正しい歯磨きの方法についても教えてもらうと良いと思います。

歯科専門医はデンタルケの専門家ですし、ケア用品も購入できるところが多いはずです。

生え変わりが順調でも、歯のケアは一生ですので、正しい方法を早いうちに知っておくに越したことはありません。


乳歯
左側は犬歯が乳歯遺残の状態。
永久歯と乳歯が並んで生えています。
右は抜歯後。



乳歯が自然に抜けない場合は、歯の間が磨きにくい事などから、歯周病のリスクが通常よりも高まります。

どこかのタイミングで抜歯するのか、そのままにしておいて歯磨きで頑張ってケアしていくのか、心積もりはしっかりしておきましょう。


歯周病になる子はかなり若いうちからなる場合もありますし、歯周病菌は腎臓や心臓など口腔内以外への影響も懸念されます。

特に小型犬は歯周病率が高く、たまたま先代の犬が歯が丈夫だったからといった理由で何もしないのはリスキーです。



Bokuちゃん1605

シニアになってから歯周病が悪化しての全身麻酔、抜歯というのは、慎重に判断したいもの。

そもそも歯並びが悪かったり、歯の不具合や病気にかかりやすいのは【腎】が弱い(弱ってきた)ことの現れでもあります。

ゆえに加齢とともに歯周病が悪化しやすいのですね。

腎臓・肝臓などの機能が低下してからの全身麻酔や手術は出来たら避けたいですものね。

口腔環境のことだけでなく、全身の健康とQOLを考えることが重要です。



《まとめ》
・乳歯のときには生え変わった後の状態は分からない。
・生え変わり時期に経過をしっかり観察する。
・早めに動物病院でデンタルケアについて相談する。
・歯磨きはなるべく早く始める。



色々と書いてきましたが、いたずらに不安になる必要はありません。

他の臓器と違って、歯は目で見て状態が分かりやすい部位ですし、飼い主が病気の予防をしてあげることも可能ですから。



Erde170607-3

仔犬期はあっという間に終わります。

それから先の10~15年を健やかに過ごすために、この時期に出来ることをやっておきたいものです。








アニマルケアカウンセラー 高野 縁



*あなたもアニマルコミュニケーションを学んで、動物達と話しをしてみませんか?
 ⇒アニマルコミュニケーション講座のご案内は⇒コチラ



ミ★ランキングに参加しています!ポチっとしていただけると励みになります★彡

にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村






※サービスは全てご予約制です。

✯アニマルコミュニケーション*セッションのお申込みはコチラ

✯アニマルコミュニケーション*レッスンの詳細はコチラ

✯Tタッチセッション、バッチフラワーレメディ、ハーブカウンセリング、ヒーリングセッションについてはメールフォームからお問い合わせください♪✯



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
SNSもやっています☆フォロー歓迎します!

twitter
☆深夜の独り言が多いです(笑)

Facebook
☆更新頻度高め。日記代わり。

Instagram
☆家の犬達の日常キリトリ。

Trinity WEB
☆定期的に記事を書かせていただいています。

ホームページ【アニマルコミュニケーション*Touch Heart】
☆アニマルコミュニケーションについてはコチラ。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 | HOME | 

プロフィール

Yukari Takano

Author:Yukari Takano
【動物と飼い主さんの心と身体をサポートするアニマルケアカウンセラー】高野 縁です。

アニマルコミュニケーションやホリスティックケアを使って、あなたと動物達がハッピーで日々を楽しく元気に過ごせるためのお手伝いをします。

■アニマルコミュニケーター
■テリントンTタッチ認定プラクティショナー
■ドッグフィトセラピスト(植物療法家)
■レイキマスター
■ドッグマッサージセラピスト

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

CalendArchive

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード