FC2ブログ

Touch Heart  ~ Tタッチ、アニマルコミュニケーション、フラワーエッセンス、ハーブやヒーリングを取り入れて動物たちと一緒に幸せな毎日を~

仔犬を迎えたら④

2017 - 11/18 [Sat] - 21:31

アニマルコミュニケーションと
ホリスティックケアで
動物と飼い主さんの共生をサポートする
アニマルケアカウンセラー
高野 縁(たかのゆかり)です。

✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚


続きモノになって来ましたので
以前の記事もご参考になさってください。
【仔犬を迎えたら①】
【仔犬を迎えたら②】
【仔犬を迎えたら③】



初めて仔犬を迎えたら、分からないコトや悩むコトは沢山あろうかと思います。

そんな中でも食事はとても大切で、迷い指数が高いことでしょう。


実は、食事について迷うことって大切なんですよ。

ブリーダーやペットショップ、動物病院に言われる通りの食事を与えるのは簡単ですが、それが適正な食事かどうかは犬によりけりですから。


迷ったら、調べるし、真剣に考えるし、その結果でご飯をチョイスするべき。

だって、パピー時代の食事って大切ですから。

その子に合うかどうかもそうだし、質・量も大事。


ドッグフード、手作り食は飼い主さんの考え方に委ねるとして、とりあえず量のお話しをします。


基本赤ちゃんには食べたいだけ食べさせてあげましょう。

パピーが『お腹空いたな~』と思いながら過ごすのは心身に良い影響は与えません。

この時期の(質量の)飢餓感は一生持ち続けることになります。


だから、その子に合った上質なご飯を、食べたいだけ、食べせてあげてね。

量が多すぎたら軟便や下痢になるので、それを見ながら調整してください。


25gとか35gとかドッグフードのパッケージに書いてあったとしてもね。

あくまでも参考程度にしてくださいね。

一生の問題だから。


パピー期のご飯はそこから先の健全な心と身体を作る大切なものなのですよ。

Ricca パピー 2ヶ月



犬種によって
個体によって
必要な栄養素や量は違うでしょう。


大きくなる子には、しかるべき食べ物を十分な量食べさせてあげるべきですし、健康に過ごしていくために食事を制限すべきではありません。

いっぱい食べて、スクスク大きく。

その為に何をどれだけ食べさせるか、食事をどう考えるかは本当に大切です。






アニマルケアカウンセラー 高野 縁



*あなたもアニマルコミュニケーションを学んで、動物達と話しをしてみませんか?
 ⇒アニマルコミュニケーション講座のご案内は⇒コチラ



ミ★ランキングに参加しています!ポチっとしていただけると励みになります★彡

にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村






※サービスは全てご予約制です。

✯アニマルコミュニケーション*セッションのお申込みはコチラ

✯アニマルコミュニケーション*レッスンの詳細はコチラ

✯Tタッチセッション、バッチフラワーレメディ、ハーブカウンセリング、ヒーリングセッションについてはメールフォームからお問い合わせください♪✯



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
SNSもやっています☆フォロー歓迎します!

twitter
☆深夜の独り言が多いです(笑)

Facebook
☆更新頻度高め。日記代わり。

Instagram
☆家の犬達の日常キリトリ。

Trinity WEB
☆定期的に記事を書かせていただいています。

ホームページ【アニマルコミュニケーション*Touch Heart】
☆アニマルコミュニケーションについてはコチラ。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 | HOME | 

プロフィール

Yukari Takano

Author:Yukari Takano
【動物と飼い主さんの心と身体をサポートするアニマルケアカウンセラー】高野 縁です。

アニマルコミュニケーションやホリスティックケアを使って、あなたと動物達がハッピーで日々を楽しく元気に過ごせるためのお手伝いをします。

■アニマルコミュニケーター
■テリントンTタッチ認定プラクティショナー
■ドッグフィトセラピスト(植物療法家)
■レイキマスター
■ドッグマッサージセラピスト

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

CalendArchive

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード