Touch Heart  ~ Tタッチ、アニマルコミュニケーション、フラワーエッセンス、ハーブやヒーリングを取り入れて動物たちと一緒に幸せな毎日を~

Frau嬢の受難

2016 - 11/30 [Wed] - 23:33

アニマルコミュニケーションと
ホリスティックケアで
動物と飼い主さんの共生をサポートする
アニマルケアカウンセラー
高野ゆかりです(^^♪

✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚


Frau嬢の調子が悪くなったのは、11月19日(土)のことでした。

初めは食べたものが未消化で排出される。
軟便が何回も続いたけれど、前日食べた野菜のみじん切りや玄米の粒が出ていました。

その日の朝
軽く嘔吐したものの中にも夜食べた食事の一部が未消化のまま出てきました

『ほーー、脾(消化吸収をする)が弱っとるのかね』と。

この後、状態がどんどん悪くなるのを想像しなかったので、この時はまだお気楽です。


脾に良い食材を少し増やしましょって思いながら、マッサージをいつもより長めにしました。


翌日には下痢が始まり
そして
食欲がなくなりました。


食べなくなったのは、腎不全が発覚した7月以来。
Frauは小さいけど食欲大魔神なので、人生で食欲なくなったのはこの時が初めてで。

BUNが限りなく三桁に近い数字(98)だったことが分かったあの時期は、食事に本当に苦労しました。

Frau161016


でもこの時点ではまだ元気でした
夜、寝室で下痢が続き、嘔吐の連続。

起きたら、いつもの元気はなくなっていました。

それから血便スタート。


1日何も食べませんでした。

現象だけ見ると、胃脾の不調。

元は腎からきているでしょうから、腎兪などにお灸をしつつマッサージをとにかく念入りにしました。


散歩でも元気なく。
動きが少ない。。

血便が続きます。

お灸で熱を入れるのも良くないので、ケアはマッサージとヒーリングのみに。


食事も『胃熱の時は食べさせない』と
先生からアドバイスをいただいたので
無理には与えず。

ひたすら熱が抜けるのを待ちました。

翌日も血便
でも嘔吐は止まったので
少し落ち着いた感じあり。

血膿が出るので、見た目はギョっとします(;'∀')

frau マッサージ201608-2
体重が400g減っていました。(3.8㎏→3.4㎏)

Frauの体重で400g減ると、持った感じが軽い。。


夫くんの心配はここら辺がピークでした。

『何もしてもらえないだろうけど、病院(近所のかかりつけ)行ってみる?』とLINEが入りました(笑)

してもらえないっていうか、出来ることないでしょヾ(o´∀`o)ノ。

せいぜい、下痢止めと消炎剤、さらに抗生剤とか出されるだけですね。

原因を調べようとするかもしれないけど、時間かかるし、Frauにストレスかかるし、何が起きているか分からないでしょうから。



でも彼がハラハラするのは理解できる。
私もすごく胸がざわざわしていましたから。


昨日まで元気だったのが
突然具合悪くなって
死ぬ。
って経験してると、やっぱり怖くなる。


でもどういう風になっていくのかは、彼女の生命力次第です。

だから
なるべく普通に過ごそうと言い聞かせる!


彼女の身体を信じるしかない。

マッサージとヒーリングは凄く頑張りましたよ。



まだ調子悪い24日には、季節外れと言うか異様に早い初雪。

20161124初雪


胃・脾を温め過ぎても良くないけど、冷やしたらそれはまた別の不調を呼ぶので難しいところですが、寒いのは良くないので部屋はホカホカにして過ごしました。



翌日25日(金)あたりから食欲が戻ってきて、自分からキッチンを覗くように。

そして26日(土)にようやく普通便が出ましたヽ(^。^)ノ



正直、1週間がとても長かった。


健康で若い犬ならどうってことないと思うけど
さすがにかなりの腎不全で、もうすぐ15歳って年齢を考えると、本人もきつかったろうと思います。

マッサージとヒーリングが出来る自分で良かった。
何もすることがなかったら、ただただ不安なだけだったろうな。

鍼のw先生の存在も本当に心強かったです。
先生いつもありがとうございます♡



Grinにも話してサポートを頼んだけど
『大丈夫~Frauは強いから~😊』って笑ってた。

だけど
アイツは自分の時も死ぬ前日位まで『大丈夫、大丈夫~』って言ってたからなぁ(笑)


それでも、Grinや亡くなった父母や光の存在の方々の守護をすごく感じました。

Frauを守ってくれてどうもありがとうございます✨

Frau1608-2


結局治すのは私たちではなく、動物本人の力なんですよね。

今回もしみじみそう思いました。



検査してないから分からないけど
腎臓の状態(ステージ)は一段悪くなったかもしれません。

それでも彼女は元気を取り戻して
美味しく食べています。

私たちにとってはそれが一番大事なことです♪



✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚

【補記】
これは我が家のケースのご紹介です。
どのような治療を受けるか(受けないか)は自己判断・自己責任です。
色んな治療法にはそれぞれの得意・不得意、メリット・デメリットがあるでしょう。
ご自分の動物に何が今必要か、よくよく調べて、納得したうえで、その子とご家族にとってのベストを選択してあげてくださいね。
方法は一つではありません。





ミ★ランキングに参加しています!ポチっとしていただけると励みになります★彡

にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村






※サービスは全てご予約制です。

✯アニマルコミュニケーション*セッションのお申込みはコチラ

✯アニマルコミュニケーション*レッスンの詳細はコチラ

✯Tタッチセッション、バッチフラワーレメディ、ハーブカウンセリング、ヒーリングセッションについてはメールフォームからお問い合わせください♪✯



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
SNSもやっています☆フォロー歓迎します!

twitter
☆深夜の独り言が多いです(笑)

Facebook
☆更新頻度高め。日記代わり。

Instagram
☆家の犬達の日常キリトリ。

Trinity WEB
☆定期的に記事を書かせていただいています。

ホームページ【アニマルコミュニケーション*Touch Heart】
☆アニマルコミュニケーションについてはコチラ。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 | HOME | 

プロフィール

Yukari Takano

Author:Yukari Takano
【動物と飼い主さんの心と身体をサポートするアニマルケアカウンセラー】高野ゆかりです。

アニマルコミュニケーションやホリスティックケアを使って、あなたと動物達がハッピーで日々を楽しく元気に過ごせるためのお手伝いをします。

■アニマルコミュニケーター
■テリントンTタッチ認定プラクティショナー
■ドッグフィトセラピスト(植物療法家)
■レイキマスター
■ドッグマッサージセラピスト

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

CalendArchive

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード