FC2ブログ

Touch Heart  ~ Tタッチ、アニマルコミュニケーション、フラワーエッセンス、ハーブやヒーリングを取り入れて動物たちと一緒に幸せな毎日を~

雷とバッチフラワーレメディ

2014 - 07/15 [Tue] - 22:22

ここのところバッチフラワーのお仕事が増えています。

Touoch Heartではご相談内容によってその子に有効な手法を検討して、単体もしくは複合的にケアをご提案します。

目的を達成するために飼い主さんと一緒に考えるのはどんな場合も同じですが、中でもこの時期に多いご相談『雷が苦手(音響シャイ)』な犬達にはバッチフラワーとTタッチの合わせ技をがおススメです。


以前Tタッチについては記事にしたことがあるので、今回は最近ご要望が多いバッチフラワーレメディについて。

バッチフラワーレメディは約70年ほど前にイギリスの医学博士エドワードバッチ博士が確立した手法で、現在まで多くの人々と動物たちをサポートしてきました。
元々は人間のための療法です。

バッチフラワーレメディは植物のエネルギーを転写した水を使って動物(人間含む)の心を癒します。

昨晩のNHKのニュース番組では犬の音響シャイについてトップニュースで伝えらえれていました。

ここ最近異常気象の影響なのか、ゲリラ豪雨や雷が以前よりも増えたようです。
そしてこの時期に増える花火。
それによってパニックを起こしたり脱走したりする犬達の問題について報道されていました。

大きな音に怯え怖がる犬達は自分の意志でその恐怖を手放すことは出来ません。

パニックや恐怖にさらされる時間が長くなると身体への影響も心配されるので、なるべく速やかに“雷は怖がる必要のないもの”に切り替えてあげたいものです。


バッチフラワーレメディは個々の感情に対応する38種類の単体のレメディと緊急用のレスキューレメディがあります。
レスキューレメディはとても優秀な1本で、ご家庭に1本あると色々と役に立ちます。
しかしレスキューはあくまでも非常時用なので、音響シャイ(雷・花火・大きな音などが苦手)をレスキューだけで根本的に治すことは容易ではありません。

音響シャイだけでなく、心のアンバランスが元に引き起こされる行動や症状を改善するためには、その犬のその状態に応じたレメディをブレンドして取られることが良いでしょう。

どんなケースであっても解決までのプロセスは犬によって異なります。

時間も
どの程度まで改善するかも
選ぶレメディも
犬によりけりです。

これはどんな手法であっても同じです。

熱が出たら解熱剤を飲むように、同じ効果が出るものではありません。

人間の子供も兄弟で性格が全く違うように、動物も同じように育てても同じ性格にはなりません。
ひとりひとり個性がある、全く違う存在です。
だから、自分の犬に効果があった手法が必ず他の犬に効果があるとは限らないし、アプローチの仕方も犬によって違うのだということは覚えておきたいものです。

そして何より犬の問題は飼い主との関係性を抜きにして考えることはできません。

例えば
雷が鳴っているときに外出している飼い主が愛犬のことを過剰に心配していると、それは家にいる犬に届きます。

飼い主の不安→この状況は心配なモノ→やっぱり雷は恐ろしい→パニック状態→飼い主余計に不安になる
というようにこのループは続きます。

犬のことを考えてあげることが、逆に犬に負担をかけていることもある。という例ですね。

人間も気持ちの持ち方や犬への接し方を変えていただくと、バッチフラワーの効果が早く現れることが期待できます。


人間が変わらないと、犬も変わらないというケースは多いので、犬に何かが起こったときは自分を見つめ直すチャンスだと考えると良いかもしれませんね。

そこら辺りを踏まえて、それでもバッチフラワーレメディは試す価値が十分あるとTouch Heartでは考えます。

実際に多くの犬達がバッチフラワーやTタッチを使うことで音響シャイを卒業して、今では雷の中でも熟睡できたり、花火を一緒に見に行けるようになっています。


2014山歩き
写真の私の犬も仔犬のときから重度の音響シャイでしたが、もうだいぶ前に克服し今は穏やかなシニアライフを楽しんでいます(*^▽^*)


■バッチフラワーレメディについてはコチラ、雷など音響シャイのTタッチへの効果についてはコチラの記事をご参考にしてください。

 | HOME | 

プロフィール

Yukari Takano

Author:Yukari Takano
【動物と飼い主さんの心と身体をサポートするアニマルケアカウンセラー】高野 縁です。

アニマルコミュニケーションやホリスティックケアを使って、あなたと動物達がハッピーで日々を楽しく元気に過ごせるためのお手伝いをします。

■アニマルコミュニケーター
■テリントンTタッチ認定プラクティショナー
■ドッグフィトセラピスト(植物療法家)
■レイキマスター
■ドッグマッサージセラピスト

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

CalendArchive

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード