Touch Heart  ~ Tタッチ、アニマルコミュニケーション、フラワーエッセンス、ハーブやヒーリングを取り入れて動物たちと一緒に幸せな毎日を~

痛みはどこから来ているか。

2018 - 05/14 [Mon] - 14:45

アニマルコミュニケーションと
ホリスティックケアで
動物と飼い主さんの共生をサポートする
アニマルケアカウンセラー
高野 縁(たかのゆかり)です。

✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚


千葉県北西部地方、快晴です。

たまに気持ちの良い強めの風が吹いています。

洗濯物も布団もよく乾く。

そして犬も日光浴日和です。


空181514


先日、整体(人間の)を受けていたときに先生とお話ししていて、ふむふむ、そうそう、なるほどと思ったこと。

【痛みが移動する。】

複数個所に不具合があったとして、自覚している箇所の痛みを施術で取っていただくと、今度は別のところが痛くなる。

触ってみると、両方とも張っているので、そもそも痛みやコリは初めから両方にある。

人はすごく痛いところがあると、そこに意識が集中するので、2番目3番目の痛みを感じない(こともある)ということでした。

本当にそうなのですよね。


痛みの原因は、痛みを感じているその部位だけにあるのではない。

腰痛として現れていても、腹部や臀部の張りやコリが大元にある場合、そちらにアプローチしないと、腰の痛みはなくならない。


で、食生活や生活習慣、姿勢などが、そもそもの要因であれば、そちらを整えないと、施術したときは良くなるけど、またすぐに再発するよね。というお話しです。

これ、整体だけでなく、ヒーリングでもマッサージでもお灸でも、他のどんな手法であっても同じですよね。


なぜ、そうなっているかを知って、その部分の解決、改善しないことには、治らない。

人も動物も同じです。


erdeneue180514-6-2-2.jpg


原因が食べ物や口に入るものなら、それを見直す。

内臓から来ているなら、そちらの原因や改善方法を探す。

そして、精神や考え方などが要因の場合も少なくない。

動物の場合は飼い主の暮らし方や思考、メンタルも大きく反映します。

サプリや施術、薬では治らない、治せないことがたくさんあるのも納得です。

どこから見直していくか。

じっくり考えたいものです。




アニマルケアカウンセラー 高野 縁


*あなたもアニマルコミュニケーションを学んで、動物達と話しをしてみませんか?
 ⇒アニマルコミュニケーション講座のご案内は⇒コチラ



■トータルケアカウンセリングのセッションを承っています■
*現在の体調・状態、行動の問題を伺って最適なケア・食事・暮らし方についてアドバイスするコースです。
お申し込み・お問い合わせはPCモードのメールフォームから。






ミ★ランキングに参加しています!ポチっとしていただけると励みになります★彡

にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村






※サービスは全てご予約制です。

✯アニマルコミュニケーション*セッションのお申込みはコチラ

✯アニマルコミュニケーション*レッスンの詳細はコチラ

✯Tタッチセッション、バッチフラワーレメディ、ハーブカウンセリング、ヒーリングセッションについてはメールフォームからお問い合わせください♪✯



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
SNSもやっています☆フォロー歓迎します!

twitter

Facebook

Instagram

ホームページ【アニマルコミュニケーション*Touch Heart】
☆アニマルコミュニケーションについてはコチラ。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 | HOME | 

プロフィール

Yukari Takano

Author:Yukari Takano
【動物と飼い主さんの心と身体をサポートするアニマルケアカウンセラー】高野 縁です。

アニマルコミュニケーションやホリスティックケアを使って、あなたと動物達がハッピーで日々を楽しく元気に過ごせるためのお手伝いをします。

■アニマルコミュニケーター
■テリントンTタッチ認定プラクティショナー
■ドッグフィトセラピスト(植物療法家)
■レイキマスター
■ドッグマッサージセラピスト

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

CalendArchive

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード