FC2ブログ

Touch Heart  ~ Tタッチ、アニマルコミュニケーション、フラワーエッセンス、ハーブやヒーリングを取り入れて動物たちと一緒に幸せな毎日を~

視点を変えると見えてくるもの。

2018 - 03/24 [Sat] - 04:09

アニマルコミュニケーションと
ホリスティックケアで
動物と飼い主さんの共生をサポートする
アニマルケアカウンセラー
高野 縁(たかのゆかり)です。

✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚

動物たちに起きている症状の見方を、ちょっとだけ変えてみてください。

仮に、東洋医学をもとに少し考えてみます。


お耳が聞こえにくくなるのは【腎】の弱りです。
単なる老化で片付けられちゃうかもしれないけれど、改善策があるかもしれません。

いつも涙が出やすいのは【肝】の影響かも。
たぶん目薬では治らないので、【肝】のケアを始めましょう。
目の周りのマッサージなども良いでしょう。

鼻水は【肺】のデトックスです。
肺熱で鼻の上の毛が抜けたりすることもありますよ。

毛艶が極端に悪かったり、一部が変色している場合は、そこから熱を逃がそうとしていたり、そのあたりの経絡に何か要因があるかもしれません。
緊張をためているところは、毛流れが他と違ったり、皮膚が固いこともあります。


マッサージやTタッチの知識で一部は知っていましたが、このような経絡や五行論を基にした考え方を、わたしもつい2年ほど前までは分かっていませんでした。

東洋医学で考えてみると、今まで疑問だったことが、スルスルと納得のいく答えに辿り着くのです。



ツボや鍼灸の勉強にはいくつか講座に通っていたのにも関わらず、今までこうした知識や考え方を学ぶ機会がありませんでした。

もちろん、それは誰かのせいではなく、自分がこの世界に本気で深く掘り下げに行かなかったのが原因です。

だから、これもタイミングと出会いです。


今ようやく東洋医学について、考え方や知識をきちんと教えていただける素晴しい先生に出会い、自分でも情報を探しに行き、動物たちへの実践もできるようになってきました。

素晴らしく奥深い世界なので、これからもますます学んでいきたいし、どんどんアウトプットしていけるよう頑張ります。


皆さんも、少し今の方法や考え方を変えてみるだけで、別の世界が広がっていくかもしれません。

ぜひいろいろ調べて探してみてください。



わたしにこの機会をくれたのはGrinちゃん。

Grinちゃん160212-2


わたしの相棒にして、ガイドです。
亡くなって今月で2年になりました。
今でもよく仕事の手伝いをしてくれています。


動物たちは生きている間だけでなく、亡くなってからも喜んでいつでも人を助けてくれます。
叶わないなと思います。

これからもわたしの出来る限りを尽くして、精一杯お返ししていきますよ。





アニマルケアカウンセラー 高野 縁



ミ★ランキングに参加しています!ポチっとしていただけると励みになります★彡

にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村






※サービスは全てご予約制です。

✯アニマルコミュニケーション*セッションのお申込みはコチラ

✯アニマルコミュニケーション*レッスンの詳細はコチラ

✯Tタッチセッション、バッチフラワーレメディ、ハーブカウンセリング、ヒーリングセッションについてはメールフォームからお問い合わせください♪✯



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
SNSもやっています☆フォロー歓迎します!

twitter

Facebook

Instagram

ホームページ【アニマルコミュニケーション*Touch Heart】
☆アニマルコミュニケーションについてはコチラ。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 | HOME | 

プロフィール

Yukari Takano

Author:Yukari Takano
【動物と飼い主さんの心と身体をサポートするアニマルケアカウンセラー】高野 縁です。

アニマルコミュニケーションやホリスティックケアを使って、あなたと動物達がハッピーで日々を楽しく元気に過ごせるためのお手伝いをします。

■アニマルコミュニケーター
■テリントンTタッチ認定プラクティショナー
■ドッグフィトセラピスト(植物療法家)
■レイキマスター
■ドッグマッサージセラピスト

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

CalendArchive

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード