FC2ブログ

Touch Heart  ~ Tタッチ、アニマルコミュニケーション、フラワーエッセンス、ハーブやヒーリングを取り入れて動物たちと一緒に幸せな毎日を~

大好きなお母さんを救うために。

2019 - 04/12 [Fri] - 23:08

アニマルコミュニケーションと
ホリスティックケアで
動物と飼い主さんの共生をサポートする
アニマルケアカウンセラー
高野 縁(たかのゆかり)です。

✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚


アドちゃんは13歳の小さいプードル。

友人から、彼女と急ぎ話をして欲しいと連絡をもらい、飼い主さんから届いた写真を拝見すると、アドちゃんはとても痩せていました。

食べても食べても痩せてしまう。
1年半も下痢が止まらない。
いくつかの病院で検査をしたけれど原因不明。
彼女の気持ちを聞きたい。

そのようなご相談でした。


アドちゃん4


急いだ方が良いと思いました。

アニマルコミュニケーションは、診断や治療とは別物なので、分かることは犬の体感や犬の気持ちです。

それでも少しでも元気なうちであれば、してあげられることがあるかもしれない。

生きていれば、何か出来ることがあるはずだから、本人の求めていることを聞いてお伝えすることで、アドちゃんと飼い主さんのお役に立てたらと思いました。


話してみたら
お伺いしていた症状はとても大変そうなのにも関わらず、アドちゃんはとても明るかったです。

とてもポジティブに、自分の希望や、痛みのあるところ、不調を感じるところを分かりやすく説明してくれました。

飼い主さんにお伝えすると、思い当たるところばかりで、「右足の付け根がこわばって動かしにくいの」というのをお話しすると、この病気になってから右足が動かなくなっているといことでした。

痛みや不調については自覚しているけれど、調子の悪いところ以外はとても良い状態だと本人は言うのです。


アドちゃん7


体をスキャンしてみても、エネルギッシュで、写真から受けた重篤な病気のイメージとは違っていました。


小さい体で
下痢が続いて
ガリガリに痩せて
飼い主さんがお忙しいのでお留守番の時間も長くて
3本脚でしか歩けなくなって。

飼い主さんは「可哀想で仕方ない。」と繰り返しおっしゃいました。

アドちゃんが、今回のセッションで恐らく一番伝えたかったことのもこの件です。
「私はぜんぜん可哀想じゃない。」

むしろ幸せ。
だってお母さん大好きだから。
お母さんも私の事大好きだから。
ご飯も美味しいし。
体はしんどいけど。
お散歩好きだし。
お家が好き。
妹(スタンダードプードルがいます)も好き。


アドちゃん2


お母さんのことが大好き。

だから私は可哀想じゃないのよ。
それはちゃんとお母さんに分かっといてもらわないと。

こんなようなことを畳みかけるように伝えてくれました。

明るいのです。

そしてすごくポジティブ。

お母さんに話したいことがたくさんあったのは、むしろアドちゃんの方でした。



治療も病院ももう嫌だと明言。
治らないしー無駄だしー寒いしーみたいな(笑)

いくつかの病院で、沢山の検査をして、でも結局原因は分からず、改善せずに「奇病」と言われたそうです。


ところがセッションの翌日から、症状が劇的に改善されたのです。

西洋医学での治療に限界を感じられて、東洋医学の獣医さんにカウンセリングを受けたり、セッションの直後には薬膳をスタートされました。

東洋医学が合っていたのでしょう。

体の状態や本人の体感からケアについてのアドバイスもさせていただきました。


アドちゃん


飼い主さんもとにかく前向きで、アドちゃんと同じタイプの強いエネルギーをお持ちです。

とてもお忙しい中、お休みや時間を取って犬達との時間をねん出しようとなさっていました。

そのこともアドちゃんにはよく分かっていて、お母さんの仕事に対しても応援しています。

13年以上一緒に暮らしてきてお母さんへのリスペクトや信頼感も半端ないのですよね。


年齢や体調(痛みを感じる時間帯がある)のことを考えると、あまりにも長いお留守番は心配なのでシッターさんの導入をご提案したら、もう既に検討なさっていました。

先代のダックス達もサポートしてくれていて、今回のご縁もダックスたちがセッティングしてくれたようです。


アドちゃんは、2.5㎏だった体重が1.5㎏まで減ってしまっていました。
ギリギリまで頑張って、それでも彼女自身の力はまだしっかり残っていて、自己治癒力がガッツリ働いてくれたようです。

言いたいことを伝えられて、これからやりたいことも分かってもらえて、アドちゃんはホッとして、とても嬉しそうでした。

飼い主さんから「私も救われました」とおっしゃっていただけて、アドちゃんはこのためにセッションを受けたかったのだろうなと思います。

大好きなお母さんを救うために。


アドちゃん8


お母さんを愛しているから、私は幸せだと言っていたアドちゃん。

これからもその明るさでお母さんや、彼女に関わる人たちを照らしてくれますように。





アニマルケアカウンセラー 高野 縁


*あなたもアニマルコミュニケーションを学んで、動物達と話しをしてみませんか?
 ⇒アニマルコミュニケーション講座のご案内は⇒コチラ



■トータルケアカウンセリングのセッションを承っています■
*現在の体調・状態、行動の問題を伺って最適なケア・食事・暮らし方についてアドバイスするコースです。
お申し込み・お問い合わせはPCモードのメールフォームから。





ミ★ランキングに参加しています!ポチっとしていただけると励みになります★彡

にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村






※サービスは全てご予約制です。

✯アニマルコミュニケーション*セッションのお申込みはコチラ

✯アニマルコミュニケーション*レッスンの詳細はコチラ

✯Tタッチセッション、バッチフラワーレメディ、ハーブカウンセリング、ヒーリングセッションについてはメールフォームからお問い合わせください♪✯



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
SNSもやっています☆フォロー歓迎します!

twitter

Facebook

Instagram

ホームページ【アニマルコミュニケーション*Touch Heart】
☆アニマルコミュニケーションについてはコチラ。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

室内温度差に気をつける。

2019 - 04/12 [Fri] - 13:36

アニマルコミュニケーションと
ホリスティックケアで
動物と飼い主さんの共生をサポートする
アニマルケアカウンセラー
高野 縁(たかのゆかり)です。

✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚


千葉県北西部地方、11℃。

日が出ていないので気温より寒く感じます。


空190412


室内で、犬たちは足元にいますよね。

そうすると人が感じている温度よりも彼らの場所は寒い場合が多いです。

室内温度計も、人の目線にあるので、それも人間感覚に近いでしょう。


犬達がいる場所に寝転んでみると、体感温度が分かりやすいです。

今日のような日、我家のような古い木造住宅の場合は特に床面は冷えています。


犬がどんな格好をしているのかをチェックするのはもちろんのこと、体の温度も触って確認してあげてください。

肉球や耳が冷たい場合は、暖房器具を入れてあげたり、温度設定を上げた方が良いかもしれません。

特にシニアは、暑さ寒さのケアがとても大切です。

感覚が鈍っていることもあれば、寒さを感じても動けない場合もあります。

また、夕方近くになると急に気温が下がることもあります。

適切な温度管理と早めの対応で、元気に寒の戻りを乗り越えましょう。




アニマルケアカウンセラー 高野 縁


*あなたもアニマルコミュニケーションを学んで、動物達と話しをしてみませんか?
 ⇒アニマルコミュニケーション講座のご案内は⇒コチラ



■トータルケアカウンセリングのセッションを承っています■
*現在の体調・状態、行動の問題を伺って最適なケア・食事・暮らし方についてアドバイスするコースです。
お申し込み・お問い合わせはPCモードのメールフォームから。





ミ★ランキングに参加しています!ポチっとしていただけると励みになります★彡

にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村






※サービスは全てご予約制です。

✯アニマルコミュニケーション*セッションのお申込みはコチラ

✯アニマルコミュニケーション*レッスンの詳細はコチラ

✯Tタッチセッション、バッチフラワーレメディ、ハーブカウンセリング、ヒーリングセッションについてはメールフォームからお問い合わせください♪✯



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
SNSもやっています☆フォロー歓迎します!

twitter

Facebook

Instagram

ホームページ【アニマルコミュニケーション*Touch Heart】
☆アニマルコミュニケーションについてはコチラ。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 | HOME | 

プロフィール

Yukari Takano

Author:Yukari Takano
【動物と飼い主さんの心と身体をサポートするアニマルケアカウンセラー】高野 縁です。

アニマルコミュニケーションやホリスティックケアを使って、あなたと動物達がハッピーで日々を楽しく元気に過ごせるためのお手伝いをします。

■アニマルコミュニケーター
■テリントンTタッチ認定プラクティショナー
■ドッグフィトセラピスト(植物療法家)
■レイキマスター
■ドッグマッサージセラピスト

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

CalendArchive

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード