FC2ブログ

Touch Heart  ~ Tタッチ、アニマルコミュニケーション、フラワーエッセンス、ハーブやヒーリングを取り入れて動物たちと一緒に幸せな毎日を~

【ご質問】どうやって話してるの?

2018 - 03/07 [Wed] - 04:07

アニマルコミュニケーションと
ホリスティックケアで
動物と飼い主さんの共生をサポートする
アニマルケアカウンセラー
高野 縁(たかのゆかり)です。

✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚

アニマルコミュニケーションをしていると、動物の言葉ではないものが降りてくることがあります。


例えば体調について聞いた場合
本人の自覚症状としては、特に気になることはないという返事。
少し間を置いて、どうかしら?と本人ではなく、もっと大きく問いかけてみると、『左前肢に違和感がある』という言葉がわたしの口から出てきました。

お伝えすると、半年ほど前に膝蓋骨脱臼が悪化して、手術をしたとのことでした。
手術は成功したはずなのに、歩き方がおかしくて飼い主さんも気になっていらしたそうです。

そこから、手術や、身体全体のバランスの話しにセッションの内容が移り、最終的にはホームケアの話しにもなっていきました。


アニマルコミュニケーションは、動物・飼い主・コミュニケーターの三者会談とよく申し上げますが、実は目に見えない上の方々も入った会合のようなものだなと思ったりもします。

わたし: 『体調で、気になるところはあるかしら?』
動物: 『今は平気だよ。辛いところとかはない。』
上の方: 『イヤイヤ、ほら、たまに足が痛かったんじゃないかい?』
動物: 『ああ、そういえば、痛い時があったかも・・・』
わたし: 『え?それはどこですか?』
上の方: 『前肢。左側だろう。』
わたし: 『今は自覚症状はないらしいですが、足のここら辺に何か原因となるものがあるようです。』
飼い主さん: 『そうなんですか。実は手術したところが気にはなっていて・・・』

※あくまでも、会話のイメージです。

こんな風に複合的に情報がやり取りされて、セッションが進んでいきます。


スノーシューIMG_0693


実際はこんなに台詞調で聞こえてくると言うことはなくて、フワッとした感覚が降りてくることの方が多いです。

映像が浮かぶこともありますが、わたしは口からただ言葉が出てくることも多くあります。
これを、わたしは【イタコ状態】と仮に呼んでいます。

いつもではありませんが、ゾーンに入ったようにスルスルと言葉が出てくることがあって、一旦口を出てから、それについて動物とやりとりをして確認することもあります。

最近特に、セッションは目に見えない上の方々も含めて、その場に参加しているメンバーで作り上げていくもののような気がしています。


このスタイルはあまり聞いたことがないので、一般的ではないかもれません。

アニマルコミュニケーターによって、セッションの方法や語り口、流れは異なります。


それは、どの職業であっても同じかなと考えています。

占い師でもカウンセラーでも、同じクライアントさんに一言一句違わずにアドバイスをするということはないはずです。
デザイナーでも小説家でも歌手でも、同じテーマや同じ歌だったとしても、全く同じようにアウトプットされることはないでしょう。

どのスタイルを好まれるかは、クライアントさんの選択です。

わたしはわたしのままで、学びを深め、今後も成長していきたいです。

ご縁をいただいたクライアントさんと動物に対してベストを尽くすことは、これまでもこれからも変わりありません。


以上
『アニマルコミュニケーションって、どうやって話してるの?』というご質問を、クライアントさんからいただきましたので、わたしの場合についてのご説明でした。

不思議な感じがするかもしれませんが、話す内容はリアルなことが多いです。

直接クライアントさんにお話しもしましたが、書き残しておきたいと思います。







アニマルケアカウンセラー 高野 縁


*あなたもアニマルコミュニケーションを学んで、動物達と話しをしてみませんか?
 ⇒アニマルコミュニケーション講座のご案内は⇒コチラ



■トータルケアカウンセリングのセッションを承っています■
*現在の体調・状態、行動の問題を伺って最適なケア・食事・暮らし方についてアドバイスするコースです。
お申し込み・お問い合わせはPCモードのメールフォームから。



ミ★ランキングに参加しています!ポチっとしていただけると励みになります★彡

にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村






※サービスは全てご予約制です。

✯アニマルコミュニケーション*セッションのお申込みはコチラ

✯アニマルコミュニケーション*レッスンの詳細はコチラ

✯Tタッチセッション、バッチフラワーレメディ、ハーブカウンセリング、ヒーリングセッションについてはメールフォームからお問い合わせください♪✯



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
SNSもやっています☆フォロー歓迎します!

twitter

Facebook

Instagram

ホームページ【アニマルコミュニケーション*Touch Heart】
☆アニマルコミュニケーションについてはコチラ。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

啓蟄に寄せて思うこと

2018 - 03/07 [Wed] - 02:00

アニマルコミュニケーションと
ホリスティックケアで
動物と飼い主さんの共生をサポートする
アニマルケアカウンセラー
高野 縁(たかのゆかり)です。

✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚

3月6日(火)は二十四節気の【啓蟄】でした。

【啓蟄】は当日のことでもあり、【春分】の前日までの期間の意味もあります。

地中で冬を過ごした虫たちも動き出すタイミングということで、暖かい地方ではダニが出現している情報もございます。

今年も虫対策は頑張ってまいりましょう。


ごちそう野菜便-3


本格的な春(春分)を直前に控えたこの時期の養生は、春に備えるとともに、次の季節への準備となります。

元気な子達も、ぜひ季節に合わせた食事やケアで健やかに過ごしましょう。


今週の八百屋つばくろさんの【ごちそう野菜便】で、野生のセリとクレソンを送っていただきました。

人間はしゃぶしゃぶで、犬たちはサッとソテーして早速いただきました。

苦みと深みがあって美味しかったです。


五行では、春は【肝】の季節で、色は【青】です。

【青もの】というように、葉物野菜はまさに春に必要な栄養素とエネルギーを持っている食材。


五行表


この時期は山菜や緑色の野菜を積極的に取り入れて、冬の間に身体の中にたまった余分なものを排出してしまいましょうね。


例年、一雨ごとに気温が高くなり、本格的な春になると言われています。

そして春雷という名前がついているように雷も増えてくる時期に入ります。

音響シャイ(大きな音に恐怖を感じる)の子達には、早めに対策をしてあげてください。


夏に向けて、雷も花火もヘイっちゃらに過ごせるようになったら素晴らしいですよね。




アニマルケアカウンセラー 高野 縁


■トータルケアカウンセリングのセッションを承っています■
*現在の体調・状態、行動の問題を伺って最適なケア・食事・暮らし方についてアドバイスするコースです。
お申し込み・お問い合わせはPCモードのメールフォームから。



ミ★ランキングに参加しています!ポチっとしていただけると励みになります★彡

にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村






※サービスは全てご予約制です。

✯アニマルコミュニケーション*セッションのお申込みはコチラ

✯アニマルコミュニケーション*レッスンの詳細はコチラ

✯Tタッチセッション、バッチフラワーレメディ、ハーブカウンセリング、ヒーリングセッションについてはメールフォームからお問い合わせください♪✯



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
SNSもやっています☆フォロー歓迎します!

twitter

Facebook

Instagram

ホームページ【アニマルコミュニケーション*Touch Heart】
☆アニマルコミュニケーションについてはコチラ。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 | HOME | 

プロフィール

Yukari Takano

Author:Yukari Takano
【動物と飼い主さんの心と身体をサポートするアニマルケアカウンセラー】高野 縁です。

アニマルコミュニケーションやホリスティックケアを使って、あなたと動物達がハッピーで日々を楽しく元気に過ごせるためのお手伝いをします。

■アニマルコミュニケーター
■テリントンTタッチ認定プラクティショナー
■ドッグフィトセラピスト(植物療法家)
■レイキマスター
■ドッグマッサージセラピスト

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

CalendArchive

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード