FC2ブログ

Touch Heart  ~ Tタッチ、アニマルコミュニケーション、フラワーエッセンス、ハーブやヒーリングを取り入れて動物たちと一緒に幸せな毎日を~

<怖>を手放し、幸せに生きるために。

2018 - 03/01 [Thu] - 23:18

アニマルコミュニケーションと
ホリスティックケアで
動物と飼い主さんの共生をサポートする
アニマルケアカウンセラー
高野 縁(たかのゆかり)です。

✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚

通院がストレス。

もう、本当にそういう子多いです。

わたし達人間が想像している以上に、通院のストレスって動物たちにはダメージ当たるのですよ。

「怖くないって伝えてください。」とセッションでもご依頼いただきます。

もちろん、お伝えします。


でも、ほら、怖いものは怖いわけですよ。

コミュニケーターが説明して、どうこうなるような問題でもないレベルの方が多いです。


あなたが苦手なモノを想像してみてください。

高いところが苦手
狭いところが怖い
尖った者が怖い
など、平気な人からしたら、理解できない怖さというものが存在します。


わたしは、注射が嫌いです。

バリウムも、胃カメラも。
もうたぶんやらないですけどね。

当時、納得して受けていましたけど、それでも怖さやイヤな思いは、消えていません。


通院20160711


医療関係以外でも、苦手なモノ、怖いモノありますよ。

お化けは超絶怖いです。

お化け屋敷とか最悪です。
恐怖以外の何モノでもありません。

作り物だと分かっていても、怖いことには変わりなく、それは恐怖なわけです。

虫もダメですね。

見ただけでもちろん危害を加えられるわけでもないのに、足が多い系や、毛虫とか、もう本当に恐怖。


ちょっと話しが逸れましたが
恐怖は理屈じゃないのです。

年齢とともに【腎】や【肝】の機能が低下して、【恐】、【怒】の感情のコントロールが難しくなります。

当たり前ですが、怖がろうと思って怖がっているわけではないのです。

だから、止めようと思っても止められもしません。

雷や花火などが苦手な音響シャイも同様です。

恐怖が【腎】を弱めてしまうこともありますので、ただの恐怖反応と侮ってはいけません。


通院や治療が、避けられないことであれば、なるべく穏やかな気持ちで臨めるようにサポートしてあげましょう。

そもそもですが、恐怖にさらされる時間を最低限、最短にする。

パンティングや震えなど恐怖反応が出ている時は、飼い主も緊張していたり呼吸が浅くなっていて、より緊張や恐怖感を高めてしまう場合があるので、深い呼吸を意識して人間がリラックスする。

Tタッチやバッチフラワーなど恐怖感情を手放せるケアを取り入れる。


最も大切なことは、犬任せにしないことです。

恐怖はQOLの維持を妨げかねませんし、放っておいても自然に解決することはありません。


Neue1709


『怖いよね~』や『怖くないの!』のような声掛けも、恐怖をあおることになっている場合があるので、気をつけましょう。

助けてあげられるのは飼い主であるわたし達だけです。

動物たちにとって、頼りになる存在でありたいものですね。



.

アニマルケアカウンセラー 高野 縁


*あなたもアニマルコミュニケーションを学んで、動物達と話しをしてみませんか?
 ⇒アニマルコミュニケーション講座のご案内は⇒コチラ



■トータルケアカウンセリングのセッションを承っています■
*現在の体調・状態、行動の問題を伺って最適なケア・食事・暮らし方についてアドバイスするコースです。
お申し込み・お問い合わせはPCモードのメールフォームから。



ミ★ランキングに参加しています!ポチっとしていただけると励みになります★彡

にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村






※サービスは全てご予約制です。

✯アニマルコミュニケーション*セッションのお申込みはコチラ

✯アニマルコミュニケーション*レッスンの詳細はコチラ

✯Tタッチセッション、バッチフラワーレメディ、ハーブカウンセリング、ヒーリングセッションについてはメールフォームからお問い合わせください♪✯



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
SNSもやっています☆フォロー歓迎します!

twitter

Facebook

Instagram

ホームページ【アニマルコミュニケーション*Touch Heart】
☆アニマルコミュニケーションについてはコチラ。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

歯磨きをスタートするとき

2018 - 03/01 [Thu] - 03:58

アニマルコミュニケーションと
ホリスティックケアで
動物と飼い主さんの共生をサポートする
アニマルケアカウンセラー
高野 縁(たかのゆかり)です。

✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚


3月です。

シーズンがあるのかもしれませんが、仔犬を迎える方が増えているようです。

昨年わたしも仔犬を迎えて、気が付いたことをまとめた【仔犬を迎えたら】シリーズを書きました。


振り返ってみて、どんなタイプの犬であっても全員に必要だし、すぐに始められるのが歯磨きだと思います。


ひとつには
今、デンタルケアで悩んでいるシニアの子達のご相談が多いということがあります。

具体的には
・歯が痛くてご飯が食べられない。
・歯が悪くても、年齢的に全身麻酔は難しいので治療ができない。
・歯周病菌が身体の他の部位に影響を及ぼしているようだ。


Erde歯磨き-2


シニアになると通院だって、若い頃よりもストレスが高まるのですよ。

セッションで聞いても間違いなくそうなのです。

内臓機能の低下とともに、恐怖反応が強くなったり、頑固になったり、我慢ができなくなってきます。


人もそうですが年齢とともに口内環境も変わっていきますから、ずっと大丈夫だった歯が、あるタイミングでガガっと悪くなります。

犬は自分で自分の歯について憂うこともありませんし、歯磨きを自分ですることもなく、歯科治療を自ら受けたいと思うこともありません。


個体差がありますけれど、何もせず放置していれば、かなりの確率で犬たちは歯周病になります。

でも、早いうちからケアをしておけば、少なくとも重篤な症状になる前に気が付くことが出来ますし、口内環境や歯の状態が良い子であれば、一生健康な歯を温存することも可能です。

家のGrinちゃんは死ぬまで美しく見事な歯をしていました。


人が手をかければかけただけの結果を得られるのがデンタルケアです。

他に、これほどホームケアが効果的で、見た目の成果が分かるものはないと思います。


だから仔犬を迎えたら、歯磨きを即始めましょう。

人の乳児用の歯ブラシで大丈夫です。

他の歯磨きグッズはおいおい研究していただいて、いずれ良いものを揃えてください。

とにかく始める。


仔犬以外でも、です。

この記事をご覧になったら、とにかく今日から歯磨きを始めてくださいませ。

遅過ぎることはありません。

気が付いたときが、始めるときです。

ぜひ今月からスタートしましょう。






アニマルケアカウンセラー 高野 縁


*あなたもアニマルコミュニケーションを学んで、動物達と話しをしてみませんか?
 ⇒アニマルコミュニケーション講座のご案内は⇒コチラ



■トータルケアカウンセリングのセッションを承っています■
*現在の体調・状態、行動の問題を伺って最適なケア・食事・暮らし方についてアドバイスするコースです。
お申し込み・お問い合わせはPCモードのメールフォームから。



ミ★ランキングに参加しています!ポチっとしていただけると励みになります★彡

にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村






※サービスは全てご予約制です。

✯アニマルコミュニケーション*セッションのお申込みはコチラ

✯アニマルコミュニケーション*レッスンの詳細はコチラ

✯Tタッチセッション、バッチフラワーレメディ、ハーブカウンセリング、ヒーリングセッションについてはメールフォームからお問い合わせください♪✯



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
SNSもやっています☆フォロー歓迎します!

twitter

Facebook

Instagram

ホームページ【アニマルコミュニケーション*Touch Heart】
☆アニマルコミュニケーションについてはコチラ。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 | HOME | 

プロフィール

Yukari Takano

Author:Yukari Takano
【動物と飼い主さんの心と身体をサポートするアニマルケアカウンセラー】高野 縁です。

アニマルコミュニケーションやホリスティックケアを使って、あなたと動物達がハッピーで日々を楽しく元気に過ごせるためのお手伝いをします。

■アニマルコミュニケーター
■テリントンTタッチ認定プラクティショナー
■ドッグフィトセラピスト(植物療法家)
■レイキマスター
■ドッグマッサージセラピスト

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

CalendArchive

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード