Touch Heart  ~ Tタッチ、アニマルコミュニケーション、フラワーエッセンス、ハーブやヒーリングを取り入れて動物たちと一緒に幸せな毎日を~

植物の力

2010 - 08/16 [Mon] - 01:02

先月お休みをいただいていた間に入院・手術という体験をしてきました。


生まれて初めてのことのでもありましたが、事前の検査で悪性という診断を受けていたために、その後の治療についてもある程度の覚悟をせざるを得ない状況でした。

おかげさまで、細胞検査の結果良性ということが分かり、無事腫瘍の摘出もできましたので普通の開腹手術となりました。


その一方で
身体の臓器を摘出したことによる影響や傷の治癒、体力の回復、化学物質の代謝促進など、取り組むべき課題は山盛り(;^_^A

こういうとき、植物療法(フィトセラピー)をやっていて本当に良かったなと思います。


麻酔や痛み止め、抗生物質など大量の薬物を摂取したことで、最も痛みの強い時期を乗り切ることができましたが、一方では内臓にかつてないくらいの負担をかけ、それなりの精神的なストレスも手伝って代謝器官はフル活動しても足りないくらいだったことでしょう。

免疫力もかなり落ちていて、皮膚疾患が出たり、虫に刺されまくったりするようになっていました(汗)。

ハーブでスムーズなデトックスを促したり、免疫アップができることは本当に助かりました。

かなり大きめの傷口に対しては、その痛みを軽減し、できるだけキレイに治ってもらうために、エッセンシャルオイルの力を借りています。

私は犬には基本アロマは使用しませんが、その有効性は認めているので、普段はハイドロゾルなど負担のかからない範囲で取り入れています。

フィトセラピー(植物療法)の師匠に特別にブレンドしてもらったオイルを使って傷口をマッサージしたり、痛みの軽減のためにTタッチも使っています。

手術直後はホメオパシーフラワーエッセンス等も大いに試しました。


手術なんてめったにない経験なので、自分の身体で色々なことが試せる良い機会だと思って、良さそうなことはドンドンやってみています^^)♪



効果があったこと・モノは、後々犬達に応用していけるし、飼い主の皆さんにもお役に立てるかもしれません。


何事も経験!



サポートしてくださった皆さんのためにも、このチャンスを無駄にせずに今後の活動に活かしていけたらと思っています。

転んでもただでは起きない貪欲な女です^^;


いつもありがとうございます*



■□■犬のためのハーブカウンセリングを行っております。詳しくはこちら■□■

 | HOME | 

プロフィール

Yukari Takano

Author:Yukari Takano
【動物と飼い主さんの心と身体をサポートするアニマルケアカウンセラー】高野ゆかりです。

アニマルコミュニケーションやホリスティックケアを使って、あなたと動物達がハッピーで日々を楽しく元気に過ごせるためのお手伝いをします。

■アニマルコミュニケーター
■テリントンTタッチ認定プラクティショナー
■ドッグフィトセラピスト(植物療法家)
■レイキマスター
■ドッグマッサージセラピスト

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

CalendArchive

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード