Touch Heart  ~ Tタッチ、アニマルコミュニケーション、フラワーエッセンス、ハーブやヒーリングを取り入れて動物たちと一緒に幸せな毎日を~

犬に歯磨きは必要?

2010 - 02/16 [Tue] - 19:58

結論から言いますと

『犬に歯磨きは必要です!』


私自身も犬と暮らすようになるまでは、犬と歯磨きを関連付けたことはまったくありませんでした。

犬を飼い始めても、歯磨きのプライオリティがすぐに上がることはなく。

磨いたり磨かなかったりというスタイルで、正直さほど重要に感じていなかったように思います。



歯磨きの必要性なんかその頃読んだ本には書いていなかったし
インターネットでも、ブラッシングやシャンプー、爪切りに関する情報はあっても、歯についての体験談や啓蒙記事を読んだことはめったにありませんでした。


それが、そんなのんきな態度でいられなくなったのは、一番下の犬を迎えてからのことです。

彼女は(恐らく)生まれつき口内環境が良くない犬でした。

というのも
我家にやってきた生後4ヶ月のときに、既に歯全体が黄色かったのです。

いわゆる歯石や歯垢とは違って、元々の歯の色が黄色い。

しかし、その時点では(無知な)私は、個体差だろうと思っていました。

毛の色や爪の色のように。


でもね~違っていました。


同じ食事を食べて、同じように歯磨きをしていても、彼女だけ歯の汚れるのが早い!
永久歯が生えるようになっても乳歯が残り、避妊手術の際に抜歯しました。
そして、固いものを食べたわけでもないのに、あるとき歯の一部が欠けているのを発見。
また歯磨き中に、歯の側面に断層のようなものがあるのを見つけて驚きました。(←エナメル質が薄いことが原因のようです)

母犬の胎内にいるときか、授乳期などに充分な栄養をもらえなかった個体には、こういうケースがあるようです。

獣医にも何度か診てもらったり相談したこともありますが、根本的な原因や解決法(歯を丈夫にする)は見つけられず、アドバイスとしては歯磨きをするしかないとのこと。

歯ブラシ2

まぁそうですよね、という感じです(;^_^A


こうして、否が応でも『犬の歯』の問題に取り組まざるを得ない状況になり、それにつれて情報も目に入るようになってきました。

必要としている人間のところには、必要なメッセージが届くのだな~と今は思います。



ここで問題なのが

『歯磨きしていても歯石が着く』

ということでした。

続きを読む »

 | HOME | 

プロフィール

Yukari Takano

Author:Yukari Takano
【動物と飼い主さんの心と身体をサポートするアニマルケアカウンセラー】高野ゆかりです。

アニマルコミュニケーションやホリスティックケアを使って、あなたと動物達がハッピーで日々を楽しく元気に過ごせるためのお手伝いをします。

■アニマルコミュニケーター
■テリントンTタッチ認定プラクティショナー
■ドッグフィトセラピスト(植物療法家)
■レイキマスター
■ドッグマッサージセラピスト

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

CalendArchive

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード