FC2ブログ

Touch Heart  ~ Tタッチ、アニマルコミュニケーション、フラワーエッセンス、ハーブやヒーリングを取り入れて動物たちと一緒に幸せな毎日を~

ドッグハーブ

2008 - 08/24 [Sun] - 14:10

ハーブを犬との生活に取り入れてみませんか?

『犬にハーブ?』
と聞かれることが多いのですが、犬は元々自然の力を自ら取り入れる本能を持っています。

お庭や散歩中に、草を食べる犬は少なくないでしょう。

ハーブを犬達に差し出すと、自分に本当に必要なものはバクバクと食べたりします。
ハーブティーをごくごく飲む犬を見ていると、犬はやっぱり自然と共に生きているのだと思います。
(本能的な部分が薄い犬もいますので、全ての犬に当てはまるわけではありませんが、良い悪いということではありません)

ローズマリー


『日常的なハーブの使い方って?』
・ハーブティー(冷ましたもの)を水代わりにしたり食事に加える
・ハーブを微粉末にしてサプリメントとして
・ハーブティー(温・冷)をタオルに浸して湿布する(コンプレス)
・シャンプー後のリンスとして
・ハーブの成分を抽出したチンキを飲用・外用として
等など
とても気軽に、毎日のケアに取り入れていただくことができます。


私は“ドッグハーブ”という犬に優しい12種類のハーブを基本に、目的や犬に応じて、ハーブを選んでいます。
*ドッグハーブ・・・気軽に使えて、犬にも効果が期待できる12種類のハーブの総称。ブレンドについて特に気にせずに、用途に応じて、また飼い主さんの好みに応じて使っていただくことができます。


皮膚の状態がよくない自分の犬には、エキナセア+ネトル+カモミール+カレンデュラ+ホーステールといったブレンドを使うことが多いです。
ローズピンク、マシュマロウをプラスすることも多いです。

個人的には、カモミールが大好きなので、自分が飲むときにはいつもカモミールが外せません^^


ハーブに興味を持ったのも、犬がきっかけでした。
自分の犬達にハーブを使い始めたのをきっかけに、自分もハーブティーを飲むようになり、学生時代からずっと苦しんできた花粉症がすっかり軽減し、3年前に発症した喘息もすっかり薬要らずになりました。

ハーブに即効性を期待するべきではありませんが、目的に応じて、犬に合ったハーブを選ぶことが出来れば、その効果は目に見えるものになるでしょう。


犬と一緒にぜひハーバルライフを楽しんでください*

hana IMGP1205 080823

※ハーブは補完ケアであって、病気・怪我の治療に代わるものではありません。必ず獣医師の診断を受けて自己責任の元で使用してください。



■□■犬のためのハーブカウンセリングを行っております。詳しくはこちら■□■

エネルギーヒーリング

2008 - 08/24 [Sun] - 02:54

私は、日常的にエネルギーヒーリングを行っていますが、特別にスピリチュアルな人間ではありません。

これまで人間を対象としたヒーリングを学んできて、そのほとんどが、動物も人間も、そして植物であっても、地球上に存在する生命であれば、エネルギーヒーリングは効果があると実感しています。
(機械や食べ物にも働きかけることが可能です^^)


宇宙エネルギーを使う日本発祥のヒーリングとしてメジャーな存在である“レイキ”
アメリカで生まれた骨も動かすという“クォンタムタッチ”
宇宙の存在にサポートしてもらう“アルクトゥルスヒーリング”
私は主にこれらのヒーリングを使い分けたり、ミックスしたりして使っています。
エネルギーヒーリングは動物にもリラックス効果があり、犬や猫は最初の数分で寝てしまうことがあるほどです。



癲癇発作を起こした自分の犬にヒーリングをすると、短時間で発作が治まる経験を何度もしています。

動物が興奮しているときに、深く呼吸をしてエネルギーを送るだけで、相手がクールダウンしていくのを感じます。


遠隔(遠くにいる人や動物に対してエネルギーを送る)でも、その効果は変わりません。

エネルギーヒーリングは、自己治癒力を高め、痛みや不快感を軽減する効果があります。


Tタッチやマッサージのときにも、手から出るエネルギーは犬へのヒーリング効果は高いとと感じます。(意識しなくても自然と出ていることがあります)

※ヒーリングは受け手(動物・人間)によって効果の現れ方が異なります。


私は無宗教ですし、何かの団体にも属していません。
初めにお話ししましたように、サイキック能力もありません^^)

こうした自然のエネルギーを使うということは、実は誰にでもできることだと思うのです。

もちろん、伝授を受けたり、ある程度の練習をしたりということは必要ですが、“特別なこと”ではないということです。


元々人間はそういう力を持っていたのだと言われています。
忘れてしまっているだけだそうです。


人間よりは、自然に近い存在である動物たちは、人間よりもエネルギーに敏感です。
恐らく彼らの本能がそれを知っているからなのでしょう。

猫は、ヒーリングが必要な時はやってきて、もう充分というときには去って行くそうです。
(個人的には、犬よりも猫の方がエネルギーへの反応の仕方が敏感だと思います)


健康な犬であれば、その状態を維持するために
心配な症状があったり、闘病中なのであれば、治療のサポートのために
エネルギーヒーリングを活用してくださる飼い主さんが増えてくれることを願っています。




※ヒーリングは医療行為ではありません。気になる症状や病気・怪我の場合は必ず獣医師および医師の診断を受けてください。

 | HOME | 

プロフィール

Yukari Takano

Author:Yukari Takano
【動物と飼い主さんの心と身体をサポートするアニマルケアカウンセラー】高野 縁です。

アニマルコミュニケーションやホリスティックケアを使って、あなたと動物達がハッピーで日々を楽しく元気に過ごせるためのお手伝いをします。

■アニマルコミュニケーター
■テリントンTタッチ認定プラクティショナー
■ドッグフィトセラピスト(植物療法家)
■レイキマスター
■ドッグマッサージセラピスト

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

CalendArchive

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード